一本化 ローン一本化するならどうする?

ローン返済の種類

固定金利型と変動金利型

ローンを申し込む際は、元利均等返済か元金均等返済の返済方法だけでなく、金利の決定方法も決定します。

固定金利型は返済期間中に金利が変化しないようにし、将来にわたって一定の金利が発生します。

この為、返済を始めた当初から、完済までの返済シュミレーションがおこない安く、突然金利が変動して高金利になり今月から支払額が高くなる、というような事はありません。ただし、変動金利に比べて金利の設定が元から高く設定されています。

金利は常に変動しているので、もし、ローン組んだ時に高金利だった場合、将来低金利になっても高い金利のまま残りを払い続けなくてはなりません。

変動金利型は一定期間毎に金利が見直され、それに応じて返済額が変化します。一般的に金利の見直しは半年ごとに行われる事が、多いようです。金利が見直されて、高金利になったとしても上限が1.25倍と決定されているので、際限なく金利が上がるという事はありません。

変動金利型の場合、ローンを組んだ後に金利が下がると半年後毎の年2回の見直しで返済額が減る場合があります。また低金利が何年も続くと、初めの設定額が固定金利型よりも低いのでお得になる場合があります。

逆に、金利が低い時にローンを組んで、返済が始まってから金利が上がると、余計に返済金を払わなくてはならないというデメリットがあります。また、完済までの返済シュミレーションが金利が変動する為予測がつかず、初めの予定よりも多く支払う事になる可能性もあります。

スポンサードリンク

車 売却 相場

INFOMATION

一本化 ローン一本化の基礎

ローンの種類

一本化 ローン一本化のメリット・デメリット

一本化 ローン一本化以外に

ローンは計画的に

ローン返済の種類

ローンの借入先

Copyright (C) 一本化 ローン一本化するならどうする? All Rights Reserved