一本化 ローン一本化するならどうする?

一本化 ローン一本化以外の方法

特定調停

特定調停は軽微な犯罪の裁判等を行う簡易裁判所に、特定調停を申し込む事で裁判所に任意整理を行って貰う2000年から始まった負債者救済政策です。

今すぐに破滅する訳ではないが、このまま返済を行っていく事は困難であるという場合に、任意整理のように利息制限法に基づいて、返済条件を軽減する制度です。

任意整理との違いは、専門的知識を有していなくても、裁判所に申し立てが可能なので、弁護士を雇う必要がありません。任意整理はしたいが、弁護士を雇う費用はないとい人でも任意整理を行う事ができます。

特定調停を行うと、借金の返済額が大幅に減ります。多い人は半額以下になる場合もあり、その免除された金額を最長5年かけて返済していく事になります。

特定調停は誰でも申し込める訳ではなく、今すぐに破滅はしなくても将来破滅しそうである人が申し込む事が出来ます。すでに返済で、生活が困難になっているような人でないと、頑張って返済する事になります。

しかし、免除された残りの借金は返済していく事になるので、一定収入のある職業についている事は必要です。特定調停を行うと、金融機関からの取り立てが無くなります。

特定調停は、成立すると連帯保証人や保証人に取り立てがいき、借金の残金の返済を要求される自己破産とは違い、連帯保証人や保証人に支払い義務が生じて免除になった分を要求される事はありません。

特定調停は連帯保証人や保証人に、迷惑をかける事なく、元金を免除して完済にもちこむ事が出来ます。特定調停も成立すると、ブラックリストにのってローンやカードは使用できなくなります。

スポンサードリンク

INFOMATION

一本化 ローン一本化の基礎

ローンの種類

一本化 ローン一本化のメリット・デメリット

一本化 ローン一本化以外に

ローンは計画的に

ローン返済の種類

ローンの借入先

Copyright (C) 一本化 ローン一本化するならどうする? All Rights Reserved