一本化 ローン一本化するならどうする?

ローンの借入先

銀行

銀行でのローンのメリットは、金利が安く設定されている事です。銀行以外の金融機関で融資を受けるとグレーゾーンぎりぎりの年20%で設定している場合も在りますが、銀行の金利は平均的に15%前後です。

以前は、銀行の限度額は低めに設定されていましたが、現在は消費者金融と比べても大差なく、大手銀行のローンの方が限度額が高めに設定されている場合もあります。金利の差は少ない金額を融資して貰っている場合には、あまり実感がわきませんが、住宅ローンなど高額の融資を受けると大きく差がでます。

金利が低いと同じ金額を返済する事になっても、金利が高い方に比べて完済までの期間が短く済みます。

しかし、低金利で融資をしてくれる銀行のローン審査は大変厳しく本審査の前に事前審査を受けます。審査では勤務形態や給料だけでなく、会社が大手企業か中小企業かなども審査に影響を与えます。社員数が聞かれる事もあります。

銀行での普通預金だけでなく、定期預金にも加入しておくと審査で更に有利になるとも言われています。

また審査に通ったとしても、銀行のローンは融資までに時間がかかるというデメリットがあります。銀行での融資を考えている場合は、余裕をもって審査を受ける必要があります。

銀行のローンにはおまとめローンもあり、低金利でローンが組めるという特徴を持つ銀行でおまとめローンをする事が出来れば、毎月の金利が下がって確実に以前良りも余裕をもって返済していく事が出来ます。

スポンサードリンク

INFOMATION

一本化 ローン一本化の基礎

ローンの種類

一本化 ローン一本化のメリット・デメリット

一本化 ローン一本化以外に

ローンは計画的に

ローン返済の種類

ローンの借入先

Copyright (C) 一本化 ローン一本化するならどうする? All Rights Reserved