一本化 ローン一本化するならどうする?

一本化 ローン一本化の基礎知識

一本化ローンの審査基準

貸金業法の改正により、ローンでの借り入れの総額は年収の三分の一までと定められています。

おまとめローンを行っている金融機関は、テレビCM行っている銀行からインターネット銀行等様々にあり、金利が低い銀行に申し込む必要がありますが、まず審査が通らなくてはいけません。

審査が厳しいというのは、申し込み者の年収や担保、保証人等の条件の事です。審査が厳しい銀行の場合は、勤務先や勤務形態、年収の他に銀行ローン以外の過去のローンの借り入れ返済状況が調べられます。

勤務先は中小企業よりは大手企業の方が審査は通り安く、勤務年数は一般には3年以上であれば審査に通りやすいとされています。少し前までは、正社員以外は銀行での借り入れは難しいとされていましたが、近年は派遣社員や契約社員でも一定の収入が定期的に認められると審査を通る事が出来ます。

過去の借入状況等から、返済の延滞率や現在の返済残高などをチェックされるのが事前審査で行われ、これらの審査に通っても本審査が待っています。

金利の低い銀行での、おまとめローンの審査は厳しいですが、一つに断られてもあきらめずに他の金融機関に申し込みに行く事が大切です。ただし、一度どこかの金融機関に審査を申し込んだら3ヵ月か、最低でも1ヵ月は他の金融機関に申し込むのは控えましょう。

金融機関に借入の申し込みをしたという情報は、他の金融機関が調べてもすぐにわかってしまいます。短期間に何社もの審査に落ちていると、余計に審査が通りにくくなります。

おまとめローンの申し込みはすでに、他の借金がある事は知られていますが、ショッピングのカードローンなどは完済しておくと多少プラスに評価されます。

スポンサードリンク

引越し 見積もり

INFOMATION

一本化 ローン一本化の基礎

ローンの種類

一本化 ローン一本化のメリット・デメリット

一本化 ローン一本化以外に

ローンは計画的に

ローン返済の種類

ローンの借入先

Copyright (C) 一本化 ローン一本化するならどうする? All Rights Reserved