一本化 ローン一本化するならどうする?

ローンの種類

教育ローン

少子高齢化社会の為、子どもの数は年々減り、一世帯に子どもの数は1人が当たり前の時代になりました。その分親が子供にかける教育費は、年々増加しています。

小学校から大学まで国公立に通ったとしても800万以上、全て私立に通った場合は1600万近くの教育費を支払う事になり、塾などの習い事を含めると平均で1000万円は子どもが大学に入るまでに必要になります。

大学入学や高校進学といった入学金や授業料が必要となる際に、教育にあてる事を条件に融資される事を教育ローンと言います。

教育ローンは国から借り入れる場合と、銀行等の民間機関から借り入れる場合があります。 国の教育ローンは低金利で固定されており、担保等も必要ありませんが、借入をする親の収入が低い場合や、アルバイト等正社員で無い場合は、借入の審査に通るのが難しいとされています。

民間機関からの借り入れの場合、国の金利に比べると高く想定されていますが、幼稚園や小学校から受験する場合などにも利用出来るというメリットがあります。民間機関の教育ローンでも、有担保の場合は金利を安く済ませる事が出来ます。

教育ローンは住宅ローンや自動車ローンのように、使用目的に制限があまりなく入学金や授業料だけでなく、予備校の費用や進学に伴う子どもの下宿費用にあててもよいとされています。

教育ローンは基本的に、教育を受けさせる保護者が契約する事が多く、学生が融資を受けたい場合は消費者金融の学生ローンを使用します。

スポンサードリンク

INFOMATION

一本化 ローン一本化の基礎

ローンの種類

一本化 ローン一本化のメリット・デメリット

一本化 ローン一本化以外に

ローンは計画的に

ローン返済の種類

ローンの借入先

Copyright (C) 一本化 ローン一本化するならどうする? All Rights Reserved